読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

phpフォームからスプレッドシートに書込み

GAS

Google Apps Script(以下、GAS)を使ってPOSTでデータを受取る

概要

WEBフォームからデータを送信し、スプレッドシートに登録する

  1. フォームからPOSTでGASにデータを送る
  2. GASからスプレッドシートにデータ書込み・メール配信
  3. フォームは送信と同時にiFrameを使って完了画面を表示する


スプレッドシートとGASの作成

スプレッドシートの作成

スプレッドシートを作成したら
一行目に「timestamp」と「<input>のname属性」を記入する。
f:id:meikotan:20160128112141j:plain

GASの作成

スクリプト エディタ画面を開く
「ツール」→「スクリプト エディタ」を選択
f:id:meikotan:20160112220433j:plain

Main Script(コード.gs)
function doPost(e) {
 // スプレッドシート読込
 var ss = SpreadsheetApp.openById(ScriptProperties.getProperty('active'));
 var sheet = ss.getSheetByName("【要変更】シート名");
 var headers = sheet.getRange(1, 1, 1, sheet.getLastColumn()).getValues()[0]; //headder取得
 var last_row = sheet.getLastRow(); //最終行を取得
  
 // スプレッドシートにフォームのデータを挿入
 for(var key in e.parameter){
  for(var i = 0; i < headers.length; i++){
   // 「timestamp」列に時刻を挿入
   if(headers[i] === 'timestamp'){
    sheet.getRange(last_row + 1, i + 1).setValue(new Date())
    break
   }
   if(headers[i] === key){
    // ヘッダーとkeyが一致した時、その列の最終行にデータを挿入
    sheet.getRange(last_row + 1, i + 1).setValue(e.parameter[key])
    break
   } else if(headers.length === i + 1){
    // ヘッダーとkeyが一致しなかった時、そのkeyを新しいヘッダーとして追加しデータを挿入
    var new_column = sheet.getLastColumn() + 1
    sheet.getRange(1, new_column).setValue(key)
    sheet.getRange(last_row + 1, new_column).setValue(e.parameter[key])
   }
  }
 }

 // メールアドレスへ送信
 if(e.parameter.mail){
  send_mail(e.parameter.mail, headers, e.parameter)
 }
  
 //デバック用
 var app = UiApp.createApplication();
 var panel = app.createVerticalPanel();
 for( p in e.parameters){
  panel.add(app.createLabel(p +" "+e.parameters[p]));
 }
 app.add(panel);
 return app; 
}

 //セットアップ用
 function setUp() {
  var scriptProperties = PropertiesService.getScriptProperties();
  scriptProperties.setProperty('active', SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getId());
 }

 function send_mail(mail_address, headers, form_data){
  var text_mail = HtmlService.createTemplateFromFile('mail_data')
  text_mail.headers = headers
  text_mail.form_data = form_data
  
  // メール送る際のオプションを設定する
  var options = {}
  options.noReply = true
  options.from = '【要変更】メールアドレス'
  options.name = '【要変更】受信者表示名'

  try{
   // テキストメールとオプションを設定してメールを送信。
   GmailApp.sendEmail(mail_address, '【要変更】メールタイトル',text_mail.evaluate().getContent(), options)
  }catch(e){
   // エラー発生時は管理者メールアドレスにエラー内容を通知する
   MailApp.sendEmail('管理者メールアドレス', '【要変更】メールタイトル', text_mail.evaluate().getContent(), options);
  }
}


メール本文(mail_data.html)

スクリプトエディタでhtmlを新規作成する。
f:id:meikotan:20160112221219j:plain

<?= form_data.name ?> 様

登録ありがとうございます。
Sampleのメールを送信します。


ソースのセットアップ

「実行」→「setUp」を選択し、「承認」を選択
f:id:meikotan:20160128113953j:plain

GASを公開

「公開」→「ウェブ アプリケーションとして導入」を選択
f:id:meikotan:20160128114959j:plain
※公開した後の「現在のウェブ アプリケーションのURL」をメモ( ..)φメモ

フォームの作成

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
 <head>
  <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8">
  <meta charset="UTF-8" />
  <title>テストフォームだよ</title>
  <script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js"></script>
 </head>
 <script>
 <!--
  function validateForm(){
   if(document.getElementById("name_input").value==""){
    alert("なんか書いてくださいよ!");
    return false;
   }else{
    document.getElementById("formID").submit();
    document.getElementById("thankyou").style.display="";
    document.getElementById("thankyou").innerHTML="<center>ありがとう</center>";
    document.getElementById("thanks_none").style.display="none";
   }
  }
 -->
 </script>
 <body>
  <div style="display:none;" id="thankyou"></div>
  <iframe src="#" id="fake-target" name="fake-target" style="width:0px; height:0px; border:0px;"></iframe>
  <div id="thanks_none">
   <form id="formID" action="【要変更】現在のウェブ アプリケーションの URL" method="post" target="fake-target">
    ご氏名<input id="name_input" name="name" type="text" style="ime-mode:active"/><br />
    メール<input name="mail" type="text" style="ime-mode:inactive"/>
    <button onClick="javascript:validateForm();">送信</button>
   </form>
  </div>
 </body>
</html>

※nameに入力がないと、ポップアップのアラートがなります。

送信元メールアドレスの設定

送信元メールアドレスをスプレッドシートを作成したアカウントとは
別のメールアドレスを指定する場合はエイリアスの設定を行います。
[gmail][設定] → [アカウント] → [名前:メールアドレスの追加]
※参考
メール エイリアス アドレスの追加と削除 - G Suite 管理者 ヘルプ

スプレッドシートをDBにする利点

  • 登録されたデータを誰でも簡単に見る・消すことが出来るから
  • 登録者数がExcel上で一覧表示しても苦痛じゃない数なら便利だと思う
  • 共有も簡単
  • Excelなのですぐに集計、データ加工ができる(別でプログラムを書く必要がない)


次回挑戦したいこと

Google App Engine for PHPを使ってみたい
→GASとの違いを明確にしたいな。