10年後の仕事図鑑 落合陽一 堀江貴文 読んだ

人間がやるか、AIがやるか。コストの問題。安い方に仕事が流れていくのはあたりまえ。 AIはビジョンを語れない。人の工数を管理できても、モチベーションを上げることはできない。 普通を定義し直し続けることが大事、「作る側」になることは普通を定義しなおすこと。


「作る側」に身を置いてる理由を簡潔に説明するなら 「普通を定義し直すため」に必要なものを作り、肌感覚を時代に合わせてやしない続けるためだと言ってもいい。

新しく「作る物」が今までなかったのなら、「その物」を使う人たちにとって普通が変わる。社会は変わらない、普通は変わらないと思うことが間違っている。それは全て常に変わっていく。


ギルド内同業者メンバーが皆でお金を出し合い、価値あるものを作り、取り分を決め、そこに労働力を当てはめる枠組みをとっていた。つまり働く個人同士が、お金を出し合い、自分自身の仕事を決め、設けた金額を分配していたのだ。ここでポイントになるのは、同業者メンバーが「皆で」労働力を当てはめるという点だ。経営者がトップダウン方式で労働力を当てはめる考え方ではない。つまり、「労働者=経営者」で、価値あるものを一緒に作り出そうと努力する考え方だ。

各自、役割分担(得意分野により?)をしているだけで、誰が偉い、誰が偉くないは存在しない。自分の仕事に関する意見はどの役割の人も伝えるべき。


人生価値を差別化するサーヴェイ(実地調査)の上に「ブルーオーシャン」を求める思考こそが必要になる。

時代の変化を捉えること、今の時代で流行ってることをしっかり体感していく。その調査により、いまだ誰も挑戦していないブルーオーシャンが見える。


お金を払ってまで仕事をしたくなる会社はつくれるか


現に僕はエクセルが使えれば、プログラミングもできるし、AIも扱えると思っている。

確かに、今はほんとにそう思う。だからこそ、変化をキャッチアップしていく必要があるし、それに加えてスキルだけでなく自分にファンが付くような仕事をしていく必要がある。


速く安く働くやつがいなくなればなるほど、オートメーション化も進む。さっさとやめたほうが、業界のためなるのだ。

現状の低賃金、賃金以上の働きで不満は言いつつ、それで従い続けるやつが存在することが業界にとって悪。納得だけど、ここ割り切れることホリエモンすごい。


この世の中には「働く」ことが不得意な人間が一定数いる。そうした人たちに労働力を強いるより、働くのが好きで新しい発明や事業を考えるのが好きで本気で働きたい人間にのみ、どんどん働かせた方が効率がよい。また、ベーシックインカムという最低限の収入が担保されたことで、企業など若者がチャレンジしやすい環境になる

「働く」ことや、お金を稼ぐことが不得意な人はいる。今はお金にはならない、将来お金になるかもわからない、ことが好きな人もいるから。最低賃金が保証されるということはとてもいい。

高給で働く能力のある人だけが高給取りとして働き、その能力がない人は国からお金をもらって好きなことをして生きていけばよい。そのほうが一人ひとりにのしかかるストレスも少なくなり、生産性も向上する。


「新しい仕事」で成功している人たちには、共通点がある。1つ目は、まず、「作業にハマっていること」だ。 努力しよう。頑張ろうと思って歯を食いしばってやったところで、平凡な結果しか得られない。 そのために必要なのは、自分の感覚を信じて、自分で方法を考えることである。自分で作ったルール、自分で立てたプランだったら、納得感を持って取り組むことができるし、やらざるをえない。つまり、自分でルールを作ることで、ものごとに没頭でき、好きになることができる。

誰かの顔色を見てたら、自分ルールではなくなる。自分の立てたプランに、少しでも誰かの顔色が垣間見えるなら、途端に納得感がなくなる。。今の私や!><


「新しい仕事」で成功する人たちの共通点の2つ目は、「思い思って毎日発信すること」だ。やりたいことや、ハマれるものが見つかったら、毎日自発的に想いを発信し続けることが大切だ。それも言われたからやる、のるまだからしぶしぶこなすという姿勢でとりくんでいてはダメだ。

これは今の自分に圧倒的に足りてない。


「新しい仕事」で成功する人の最後の共通点は「油断しないこと」だ 誰でもできることを、誰にもできないほどの量を継続したから結果を出せたのだ。 自分の好きという感情に、ピュアに向き合うことなのだ。


自分の労働の観点からストレスを取り除き、得意なことを伸ばせる人に有利な社会になりつつあるのだ。

そうだね。ストレスになることがあるだけで、ハマって仕事ができない。


極端な例だと就活と新人研修で強い精神的障害を受けたことが、著しい苦痛や生活機能に障害をもたらすような心的外傷後ストレス障害PTSD)の原因にあることもあるかもしれない。

就活で持ち駒がすべてなくなった時のストレスで1週間全くご飯を受け付けない、1年間ぐらい食欲と気力がなくなって鬱っぽくなったな・・。


進化ゲームの市場最適化によってなくなる仕事もあるが、最適化処理や自動化によって生まれる仕事もあるから、安心してほしい。


嫌々働いていたところで、必死になって働いている人に負けてしまうことは目に見えている。それなら、勝ち負けなんて考えず、好きなことに没頭しよう。没頭しているうちに、君は唯一無二の存在になっている。


感情のシェア 「楽しい」「嬉しい」「悲しい」

SNSはまったくもって、これだな。そうか、だから最近は業務的な発言しかしない人が増えてるからFBが嫌になってきてるのか。


未開の地を拓するのは、いつだって人間である ゴールを与えれば人間には太刀打ちできないスピードと精度でそれを処理するのに、いつも指示待ちなのが残念なところだ。

機械に対して、指示待ちなのが残念、という視点がおもしろい!


もともとぼくは、分かってくれる人だけわかってくれればいいというスタンスでやってきた。 ホリエモンのスタンスかっこいいな。


大事なのは「お金」も「価値」も循環させていく、ということだ。

自分だけのものにせず、どんどん回していく。


お金を持っている人に、「僕に任せてくれたら、お金を増やしますよ」と言って、実際に増やしてあげればいい。 これがなかなかできない・・。


インターネットがたった20年で世界を変えることができた理由には、1つに、オープンイノベーションがある。 フィードバックグループをオープンソース化し、

自分のプロダクトをオープンソース化するメリットは、フィードバックグループを作ること。


どうせ無心になって取り組むのであれば、落合君の言っている「写経」ではなく、評価されるものに時間をあてたほうがいい。


とにかく今の自分を信じればいい

成功するかじゃなくて、今の自分がどうしたいか。リスクなんてあんま考えなくてよし。

自分のいいじゃんという感覚を信じて行動するようにしている。

おお!自分のいいじゃんが本当にいいね!な結果にしていくのは、自分努力次第。


変わり者のレッテルよりも、従順という汚名を恐れよ。